※TOKYO MASK FESTIVAL vol.1は大盛況のうちに終えることができました。
次回は2016年2月頃の開催を予定しています。

TOKYO MASK FESTIVALは日本初のマスクの展示即売会です。

日本中から、マスク、仮面、かぶりものなどの作品が集まる唯一のイベントです。

マスクや仮面はこれまで、あまりに広い射程を持つがゆえに軽視されてきた分野でした。芸術、文化のあらゆる部分において、マスクは非常に重要な位置を占めているにもかかわらず、これまで十分にその力を発揮する場所がありませんでした。

誰もが心を惹かれる道具であるマスクや仮面、その魅力を存分に堪能できるイベントを開催します。

TOKYO MASK FESTIVALはマスク、仮面、覆面、かぶりもの、フード、着ぐるみ、ヘルメット、オブジェクトヘッド、異形頭、アバター、甲冑、プロテクター、ゴーグル、そのほか顔につけるもの、かぶるもの、きるもの、かけるもの、そういったものに心惹かれてやまない「マスク好きによるマスク好きのための祭典」です。

日本でテレビに目をやれば、マスクをつけて変身したヒーローたちがいます。 電車の中を見わたせば、老若男女、みんながマスクをつけて座っています。 日本の伝統芸能では、必ず仮面が登場します。

毎日どこかでコスプレという名のマスカレードが開催され、ネット上では誰もがたくさんの仮面を使い分けながら生きています。

そう、日本は仮面大国なのです。

日本のマスク、仮面の魅力は、そうしたあらゆるジャンルを引き受ける大らかさにあります。

近年、日本のマスク、仮面がようやく注目を浴びてきました。 アイドルが仮面をかぶって世界へ飛び出し、海外で活躍するマスク作家も増えています。

仮面やマスクは、今後、日本を代表する大きなシーンとなります。 その最初の一歩が、このTOKYO MASK FESTIVALです。

プロレスが好き、着ぐるみに憧れる、ミリタリーオタクだ、西洋甲冑に興味がある。 動機は何でも構いません。

あらゆるマスク好きの皆さんの参加を心からお待ちしております。

TOKYO MASK FESTIVAL vol.1

■日程 2015年 8月1日(土)

開場:12:00 閉場:20:00(再入場可)

一般入場料:1000円 ※小学生以下は入場料無料(保護者同伴必須)

■イベント内容

日本最大級のマスクの展示即売会。マスク好きによるマスク好きのための祭典。マスク、覆面、仮面、かぶりもの、着ぐるみ、ヘルメット、オブジェクトヘッド、異形頭、甲冑、プロテクター、ゴーグル、その他なんでもありのオールジャンルイベント。

※仮装でのご来場は大歓迎ですが、更衣室はございませんので予めご了承ください。 ※14:00からはマスク対談イベントを予定しております。詳しくはイベントページをご覧ください。

■開催会場 秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部(会場公式サイトはこちら

〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-3-2 秋葉原スクエアビル7F

** 公共交通機関からのアクセス**

1.JR山手線、JR京浜東北線「秋葉原駅」昭和通り1番出口…徒歩7分

2.JR総武線「浅草橋駅」西口…徒歩5分

3.都営浅草線「浅草橋駅」A4出口..徒歩6分

4.都営新宿線「岩本町駅」…徒歩9分

5.つくばTX線「秋葉原駅」昭和通り口…徒歩7分

6.日比谷線「秋葉原駅」1番出口…徒歩7分

7.銀座線「末広町駅」…徒歩12分

8.大江戸線「新御徒町駅」…徒歩11分

imageimage

ハッシュタグ「#tokyomaskfestival」をご活用下さい。

(作品を撮影する時は出展者に許可を取るのをお忘れなく!)

 一覧に戻る

第10回 TOKYO MASK FESTIVAL 概要

日本最大級のマスクの展示即売会。マスク好きによるマスク好きのための祭典。マスク、覆面、仮面、かぶりもの、着ぐるみ、ヘルメット、オブジェクトヘッド、異形頭、甲冑、プロテクター、ゴーグル、その他なんでもありのオールジャンルイベント。

日程 2021年9月4日(土)
12:00-17:00(詳細別途案内)
※小学生以下は入場料無料(保護者同伴必須)
開催会場 東京芸術センター2 階ホワイトスタジオ
東京都足立区千住1-4-1
アクセス 北千住駅 徒歩5分(JR常磐線、東京メトロ千代田線・日比谷線・半蔵門線、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)、つくばエクスプレス)
千住大橋駅 徒歩10分(京成本線)

詳しくはこちら